微熱ッ子クラブ本拠地

課金はしないよ、そういうことだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タウリン20000mg配合

1130947934_0054.jpg

コミュニケーションに依存しやすいこの俺が、なにかに取り組むにはその手段を絶つしかない
なにかを取得するまでは下山するわけにはいかない、修行とはそういうもんだ
だから愛想つかされようが、思い出の人になっていようが
かまうもんか
スポンサーサイト
  1. 2008/05/21(水) 16:14:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Bola

Boards Of CanadaでおなじみSKAMレーベルから
オウテカの師匠Darrel Fittonことbolaである

bola2.jpg


art1ty4.jpg


そして彼のジャケットのアートワークを手がけているのが
イギリスの奇才マイケル・イングランド

彼は解体した魚や機械パーツなどをありとあらゆる医療器具で組み合わせ
まったく違った美しいアート造りだす


michaelengland03.jpg

この暗く冷ややかで美しいアートがBolaの音世界のイメージにもピッタリ

michaelengland01.jpg


Bolaの音楽もいびつでどこか禍々しい美しさを秘めている

http://zoome.jp/baren/diary/1/
  1. 2008/05/17(土) 06:28:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょろっと


骨組みだけどフィーリングが似てきた

  1. 2008/05/17(土) 05:38:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ハッ

950.jpg

いよう元気でやってたかいボーイミーツガール野郎ども
俺といったら毎日おたまじゃくしとにらめっこさ!
いつかカエルになる日を夢見て、シンセサイザーをカチクリいじる孤独なプリセット音色を奏でてたさ
そーそーエビが帰ってきたんだってな復帰記念にこやし玉で盛大にお祝いしてやろうぜ
俺はもう少しシンセと心かようまで触れ合ってくる
  1. 2008/05/16(金) 12:29:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

 

1164088921_0060.jpg


しゅっ
  1. 2008/05/09(金) 12:37:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

麻雀ナイト

4月25日

2008y04m25d_014219484.jpg


特にぐげの強さが際立ってた
りさそのストイックな打ちかたをみているとまるで、若い頃の俺をみているようだ
この日は1度も1位をとれずちょっとした虚無感につつまれて寝た

5月3日

2008y05m03d_003936250.jpg


最後まで場を制したバケツである
俺といったら背中が煤けているどころかおびただしい哀愁がただよってた
  1. 2008/05/09(金) 12:11:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう春香さん忘れてると思う




サイバーアフリカ!

いままで使ってたフラッシュプレイヤーがブログで使えなくなってる
この版権的に問題ありそうなクマに頼るしかない

  1. 2008/05/06(火) 19:01:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ゴア・サイケ(長い)

まずはこれを見てくれ


GUARDIAN ANGEL -Juno Reactor-

ヒュー!シビレル!カッコイイ!

知ってる人は知っているテクノライズのOPである

今日のテーマであるゴア・サイケっていうのはこういう音楽のことで

ふががなにやら「ゴアトランス」を聴いてラリってたみたいだから、素質あるかもしれんと俺は踏んだわけだ

だからこれは50%ふがにあてた記事でありのこり50%は未来のトランス中毒にあてたものでもある

この世界には光と影があるように音楽・・・テクノにもはっきりその光陰は存在する

春香さんに天然ボケキャラと超腹黒キャラがあるように、トランスにも闇のアンダーグラウンド

ゴア・サイケトランス、ハードトランスという名のエスピナス亜種のように凶悪なジャンルがある

これから紹介するトランスはそんな脳を奥底から揺さぶられたい人にお勧め

とその前にすこしこのトランスの成り立ちを解説していこう

現在のトランスというジャンルは『クラシック・トランス』を起源に

『アシッドテクノ』から派生した『アシッドトランス』この2種類から派生した

『アシッドトランス』がやがて『ダッチ・エピック・ユーロ』などの綺麗な旋律を奏でるトランスに進化

一方その頃、ヒッピーの聖地インドのゴア地方では『ゴア・サイケ』が誕生した

ハードトランスはユーロトランスとちょっと似ているけど、こっちのほうがビートが激しくて攻撃的

トランスにもいまや10種類以上ジャンルがあるけど、どれもこの3種類(ユーロ、ゴア・サイケ、ハード)

にいずれか寄っている

ゴアトランスは、危ない宗教的なイメージを彷彿とさせるメロディや、

民族楽器などをサンプリングしたまさにインドって感じのトランス

サイケデリックトランスはゴアトランスから派生したもので

ゴアよりいくぶんハードで金属的な硬い音がつかわれてるけど区別はしていない

疲れているとき長時間聴いていると幻覚が見えてくる

最後に超がつくほどの名盤を紹介しよう





The Lone Deranger -Hallucinogen-

ゴア・サイケの教科書にのってそうなくらい名盤

これを聴いて好きにならなかったらあきらめよう


49702.jpg


Tales of the Inexpressible -Shpongle-

トランクひとつで浪漫飛行ならぬCD1枚で宇宙飛行

ゴア・サイケという枠におさまりきらぬほどの多用な音楽性






Classical Mushroom -Infected Mushroom-

イスラエル出身の二人組みユニット

ありがとうイスラエル!と感激して小躍りしたくなる

アルバムを出すごとにますます進化していく
  1. 2008/05/04(日) 11:00:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

 

1165162086_0165.jpg

ゴンベには言いたいことは山ほどあるし、これからも世話になるつもりだけど
とりあえず今日のところはありがとう
  1. 2008/05/03(土) 22:33:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフリカ・・・アフ、アフリカ?(首を2回かしげながら

春香さん「アフリカっぽい音くれ」

バレン「むう・・・アフリカ」

つくってる途中で何がアフリカなのかよくわからなくなって頓挫した

参った
  1. 2008/05/02(金) 00:10:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バレン?

Author:バレン?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。